猫には間食は与えすぎない

間食は猫との仲を深める時には便利ですし、あげれば喜びますがあげすぎはよくありません。人間と同じで間食ばかり食べていては栄養バランスも偏ってしまいます。間食からのカロリー摂取が1日に必要なカロリーの20%以下になるように注意しましょう。

フードは適切な量を与える

フードは猫の体型や運動量により適切な量は変化します。基本的にはパッケージに記載されているフードの量を目安に飼い主が適切な量を判断する必要があります。肥満は大きな病気のもとになりえます。

そのため、太り気味ならば量を減らし、痩せているなら量を増やすと言ったことが重要になってきます。猫は自身の体重を管理できないこともあり、飼い主の体重管理は重要な役割といえるでしょう。

フードを切り替えるときは少しずつ切り替える

猫は慣れた味や匂いを好む傾向もありますが、同時に同じ味だと飽きてしまう生き物です。フードを切り替える時には、全て一気に切り替えてしまうと猫も警戒して食べなくなります。そこでフードを切り替える際には少しづつ前のフードと混ぜれば、食べるようになります。その後は新しいフードの比率を上げていけば切り替え完了です。モグワンなど、ドッグフードも同様です。

フードを食べてくれないときは

フードを猫が食べないときってありますよね。あまりに食べないと飼い主としては心配になるというもの。しかし、猫がフードを食べないことはあまり珍しいことではありません。そのため、そこまで心配しなくても問題ないのです。

むしろ心配しすぎて慌ててフードを変えたりすると、猫は警戒して余計に食べなくなってしまいます。24時間過ぎても食べない場合は病気になってしまう可能性もあるため、病院に連れていきましょう。その他の場合は時間が立てば猫も食べるので慌てないようにしましょう。

フードはドライタイプならば少しの間なら置いておいても問題ありません。しかし、ウェットタイプの場合は、乾いてしまうと匂いが飛んでしまい猫は食べないこともあります。量を減らすなどの工夫をした上で食べ切れるようにあげるフードの量も調整が必要です。