キャットフードの効果的な与え方

愛猫が食事をしやすい場所

猫にとって比較的静かで、トイレから十分な距離のある場所にフーどの皿を置けば安心して猫も食べることが出来ます。一度置く場所を決めたら猫に余計な不安を与えないためにも皿の場所は動かさないのが無難です。

お皿はボウルとプレートのどちらがよいか

猫のひげは、猫が周囲を探索する場合、狭い隙間を通れるかどうかを測るなど様々な用途に使われる非常に大切なものです。そのため、猫にとって食事の際にひげが引っかかると余計なストレスがかかります。

猫にとっては食事の際はひげが邪魔にならない程度の浅めのボウルで、なおかつフードがこぼれない程度の縁の高さと1日分のフードが入れられる大きさの皿を使うのがベストです。もしも食べ残しが散らばるようならば広めのプレートに切り替えると良いでしょう。